ストレスを増やさない

現代は、ストレス社会と呼ばれるように、
ストレスの原因がそこかしこに点在しています。
それは、人間関係であったり仕事の内容だったりとさまざまですが、
深刻なのは、ストレスによって引き起こされる不快な症状や
病気も増えているということです。
ストレスから起こる症状としてメジャーなものには、
胃痛や肩こり・頭痛といったものがあり、胃腸薬や鎮痛剤を
デスクの引き出しに常備している人も少なくないことと思います。

そうした症状が出た時すぐに薬で対処出来るものもありますが、
中には随分と時間をかけなければ症状が改善されないものもあります。
それが、薄毛や抜け毛といった毛髪に関する症状です。
これらの症状に悩む人は随分と多く、
原因となったストレス以外のストレスを抱えてしまい、
そこから別な症状が現れてしまう人も少なくないようです。

薄毛や抜け毛は、ストレスによって体内に活性酸素が大量に発生し、
毛根まで栄養が行き渡らなくなることで起こる症状です。
ですから、一番の解決方法はストレスを軽減し、
活性酸素によって滞りがちになっている血流を改善してあげることです。

また、ストレスを抱えている人の多くは、
それが原因で睡眠不足になりがちですが、それも新陳代謝の機能を低下させ
血流を滞らせる要因になっているので注意が必要です。
こうした、薄毛や抜け毛の悩みは改善までに長い時間を要するので、
日頃からストレスケアを心がけ、予防に努めてあげることが大切です。