ストレスフリーを心がける

頭痛やめまい、胃の痛みなど、身体にさまざまな不調をもたらすストレスは、
現代病の大きな原因と言われています。
ストレスが溜まると、活性酸素が体内にどんどん蓄積されてゆきます。
ご存知のように、活性酸素は、細胞を老化させたり体機能を錆びさせたりと、
身体に悪影響を及ぼすものとされています。

血流を滞らせたり、皮膚のターンオーバー能力が衰えたりするのも、
活性酸素によって代謝機能が低下することで起きる現象なのです。
これは、皮膚や血液だけに限ったことではありません。
一見全く関係ないように思える薄毛や抜け毛もまた、
ストレスからくる活性酸素の増加が大きく影響を与えていることがあるのです。

発毛や育毛が正しく行われないことで起きる薄毛や抜け毛は、そのほとんどが、
ヘアサイクルを管理している成長因子の不活性化が原因だと言われています。
男性ホルモンや皮脂の分泌が多いといった遺伝から、
これらの症状を起こす人もいますが、
現在では原因の多くが生活習慣の乱れを含むストレスで、
それによって成長因子の不活性化が起こるからだと言われているほどです。

毛根の中にある成長因子は、発毛の時期や成長期間を決めるだけでなく、
太く張りのある毛髪に成長するために必要な栄養を
摂り入れる計画なども司っています。
それらが不活性化するということは、発毛の時期が遅れたり、
毛髪が十分な成長をしないまま抜け落ちてしまったりするということです。
ですから、これらの症状が出る前にストレスケアを始めることが大切ですし、
症状が現れた際も、育毛剤などでケアをするとともに
ストレスの軽減を心がけてあげることがお勧めです。