ケアに早過ぎはない

かつては、加齢と共に進行すると思われていた薄毛や抜け毛ですが、
近頃では老若男女に関わらず、その悩みを抱えている人は多いようです。
そうした悩みを抱える家族がいないことから、
遺伝的には大丈夫と考えていた人の中にも、
若いうちからそれらに悩まされている人も多く、
その原因の多くはストレスや生活習慣の変化のようです。
ストレス社会と言われている現代だからこそ、
日頃からの予防やケアが大切なのかもしれません。

発毛や育毛には、毛根の部分にある成長因子が大きく関わっています。
これには、いつ頃発毛するか、どれくらいの時間成長を続けるかなど、
ヘアサイクルに関わる情報が詰め込まれています。
さまざまなストレスや生活習慣の乱れによって体内に活性酸素が増えると、
血液がドロドロになったり細胞の活動力が衰えたりするため、
身体のすみずみまで栄養が行き渡らなくなり、
結果として成長因子の活動力も衰えてしまい、
薄毛や抜け毛が進行してしまうことになるのです。

それだけでなく、そうした状態が長く続くと成長因子自体が減少してしまい、
専門の医療機関で治療を受けなければ
それらの症状を改善できない状態になってしまいます。
ですから、今はまだそんな症状がみられないという人も、
自身に起こるかもしれない可能性を考えて、
ストレスケアをすることや睡眠不足の改善、
バランスの良い食生活などを常日頃から心がけておくことが大切なのです。
薄毛や抜け毛の予防やケアを始めることに、早過ぎということはないのです。